情報公開

市が保有している公文書を、請求に応じて開示する制度で、市民の皆さんをはじめ、どなたでも請求することができます。請求者は、法制執務室窓口(市庁舎3階)で、請求する公文書の名称など、必要事項を所定の用紙に記入し提出してください。市は、開示請求の日から原則として15日間以内に開示・不開示を決定し、文書で結果を通知します。 公文書は、原則としてすべて開示しますが、法律などで不開示とされているもの、個人のプライバシーに関するものなど、一定の理由で保護の必要があるものは開示できない場合があります。 開示にかかる費用のうち、閲覧は無料ですが、写しの交付にはコピー代が必要です。

情報公開条例・規則

情報公開に関する基本的な事項を定めたものです。

公開請求の運用状況

過去の公開請求の状況についてお知らせしています。

公文書の検索

 市が平成18年度以降に文書管理システムで作成し 保存している公文書の目録を検索することができます。
 簿冊により管理している公文書などは、このシステムでは検索できません。 また、文書件名に個人情報などが含まれている場合は、該当部分を削除して表示して います。
 なお、検索した文書については、そのすべてが情報公開請求に応じられるわけではありません。請求に応じられるかどうかは、請求の都度、新発田市情報公開条例の規定に基づき判断いたします。

公開請求の手続き

公開請求の手続きについて説明してあります。

個人情報保護

市が行う個人情報の収集や利用について具体的なルールを定めるとともに、自己の情報の開示や訂正の権利を保障するものです。市に自己の情報が保有されている人(本人)であれば、どなたでも自己情報の開示や訂正の請求ができます。開示にかかる費用のうち、閲覧は無料ですが、写しの交付にはコピー代が必要です。

個人情報保護条例・規則

個人情報保護に関する基本的な事項を定めたものです。

自己情報の開示等の手続き

自己情報の開示等の手続きについて説明してあります。